一般歯科~歯の痛みや違和感について~

  • 042-316-4331
  • 受付時間/10:00~20:00土曜 16時まで 日曜 14時まで 休診日/火・祝
  • 診察予約
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 一般歯科~歯の痛みや違和感について~

お口の中に少しでも異変を感じたら早めにご相談を~虫歯治療~

お口の中に少しでも異変を感じたら早めにご相談を~虫歯治療~

歯が「しみる」「痛む」といった症状があるなら、虫歯かもしれません。虫歯は初期段階では自覚症状に乏しく、異変に気づいた頃には進行していることも多い病気です。放っておくとどんどん悪化してしまい、歯の健康を大きく損なう恐れがあります。ですから、少しでも異変を感じたら早めに歯科医院に行って、診断・治療を受けることが大切です。

武蔵小金井駅近くの歯医者「クオーレ歯科クリニック」では、できる限り歯を削らない・抜かない治療をご提案しています。お口に違和感がありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

虫歯とは

虫歯とは

口腔内にいる虫歯菌がお口の中の糖分を分解してネバネバした成分を出し、歯に付着します。それからプラークを形成し、再び糖分を分解して酸を出し、その酸が歯を溶かすことで起こるのが、虫歯です。

虫歯は初期段階では自覚症状がなく、症状が出た段階では進行しているケースが多くなります。進行すると歯質がどんどん溶かされ痛みも強くなり、治療には費用も時間もかかります。気になる症状が少しでもあれば早めに歯科医院に行きましょう。

虫歯の進行と治療法

虫歯の進行段階は、CO~C4の5段階にわけられます。それぞれの段階に応じた治療を行っています。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

進行段階 症状 治療法
CO 初期の虫歯
CO 初期の虫歯
歯の表面にあるエナメル質が少し溶け出し、歯は白く濁っている状態です。歯に穴は開いておらず、自覚症状はありません。 毎日の正しいブラッシングや、歯の再石灰化を促すフッ素塗布で治癒が期待できます。
C1 エナメル質の虫歯
C1 エナメル質の虫歯
虫歯菌が出す酸によってエナメル質がさらに溶け、黒ずみが見られます。痛みなどの自覚症状はまだありません。 虫歯の箇所を削り、そこに歯科用プラスチック(レジン)などの詰め物をして補います。
C2 象牙質の虫歯
C2 象牙質の虫歯
エナメル質の内側にある象牙質まで進行した状態です。さらに穴が開いて歯の黒ずみが見られます。冷たい物や甘い物を口にすると歯がしみたり、痛みを感じたりすることがあります。 虫歯の箇所を削り、そこにレジン(歯科用プラスチック)などの詰め物や被せ物をして補います。
C3 神経に達した虫歯
C3 神経に達した虫歯
象牙質の内側にある歯の神経まで進行した状態です。何もしていなくてもズキズキと痛むようになり、冷たい物や甘い物、熱い物がしみます。 虫歯に汚染された神経や血管を取り除根管治療を行います。その後、土台を立てて被せ物で補います。
C4 歯根に達した虫歯
C4 歯根に達した虫歯
歯のほとんどが溶けてなくなった状態です。歯の神経はすでに死んでいるため痛みを感じることはありませんが、放置すると歯根の先に膿がたまり、再び激しく痛みます。 多くのケースで抜歯をしなければいけません。抜歯した場合、入れ歯やインプラント、ブリッジなどで補います。

歯を残すための治療~根管治療~

歯を残すための治療~根管治療~

重度の虫歯まで進行すると、通常は抜歯が検討されます。しかし、根管治療を行うことで抜歯を回避し歯を残すことができます。歯の中の神経や血管などが入っている細い管のことを「根管」と言い、この部分の治療を「根管治療」と言います。虫歯菌に汚染された神経や血管、歯質を除去して徹底的に洗浄・殺菌した後、隙間なく薬剤を詰めて密閉します。

根管内はとても細く複雑な形状をしており、内部に細菌が残ってしまうと再発のリスクが高くなることから、根管治療は高度な技術が求められます。当院では治療経験豊富な歯科医師が治療にあたりますので、安心してお任せください。

患者様の協力が必要です

根管治療は、細く複雑な形状の根管内に対して繊細な手技と徹底的な汚染物質の除去、洗浄・殺菌が求められることから、複数回の通院が必要な治療です。しっかり治療を行えば歯を残すことができますが、途中で治療を中断してしまうと再発のリスクが高まり歯の寿命にも大きく関わります。しっかり根管治療を受け、確実に終わらせるようにしましょう。