>

入れ歯・ブリッジ・インプラント治療

  • 042-316-4331
  • 受付時間/10:00~20:00土曜 16時まで 日曜 14時まで 休診日/火・祝
  • 診察予約
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 入れ歯・ブリッジ・インプラント治療

歯を失ってしまったら早めにご相談を
~入れ歯治療・ブリッジ・インプラント治療~

歯を失ってしまったら早めにご相談を~入れ歯治療・インプラント治療~

虫歯や歯周病、事故・ケガなどで歯を失ってしまったら、早めに歯を補う治療を行いましょう。「1本ぐらいなくても……」とついつい放置してしまいがちですが、歯は1本でも失うと空いたスペースに隣の歯が倒れ込んできたり咬み合う歯が伸びてきたりして、歯並びや咬み合わせが乱れさまざまな問題が生じてしまいます。歯を失ったら放置せず、できるだけ早く歯を補う治療を受けましょう。

武蔵小金井駅近くの歯医者「クオーレ歯科クリニック」では、歯を補う治療として「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」を提供しています。患者様の口腔内の状態やご希望に応じて最適な治療方法をご提案しますので、まずはお気軽にご相談ください。

入れ歯・ブリッジ・インプラントの特徴

入れ歯

入れ歯

入れ歯はもっとも歴史が古く、ポピュラーな治療方法です。失った歯の本数に応じて、部分入れ歯か総入れ歯を作製します。入れ歯には自費診療と保険診療のものがあります。当院では自費・保険にかかわらず、しっかり咬める入れ歯を作製しています。

メリット デメリット
  • さまざまな症例に適用できる。
  • 治療期間が比較的短い。
  • 保険診療の入れ歯だと、費用が安価。
  • 保険診療の入れ歯だと硬い物が咬みにくいことがある。
  • 保険診療の入れ歯だと見た目が劣る場合がある。
  • 咬む力があごの骨に伝わりにくく、あごの骨がやせてしまいやすい。
ブリッジ

ブリッジ

失った歯の両隣の歯を削り、それを支えにして人工歯を橋渡しするように固定し、咬む機能を補う治療方法です。自費診療と保険診療のものがあります。

メリット デメリット
  • 保険診療のブリッジだと、費用が安価で修正が容易。
  • 固定式であり比較的違和感が少ない
  • 両隣の健康な歯を削らなければならない。
  • 支えとなる歯の寿命を縮める。
  • 適用できない症例がある。
  • 咬む力があごの骨に伝わりにくく、あごの骨がやせてしまいやすい。
  • 銀歯になってしまう場合がある。
インプラント

インプラント

歯を失った箇所のあごの骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上からセラミック製の人工歯を被せることで歯の機能を補う治療方法です。自費診療になります。

メリット デメリット
  • 違和感なく、硬い物でもしっかり咬める。
  • セラミック製の人工歯なので、見た目が自然。
  • 周囲の歯に負担をかけない。
  • 咬む刺激が伝わるのであごの骨がやせない。
  • 外科処置が必要。
  • 保険診療が適用できない
  • 比較的治療期間が長い。
  • 適用できない症例がある。

自分の歯のように咬める「インプラント」

入れ歯やブリッジと比較して、インプラントは機能性・審美性においてすぐれた治療方法です。あごの骨にチタン製のインプラントが強固に固定されるので、硬い物でもしっかり咬むことができ、入れ歯のようにずれることもありません。また、セラミック製の人工歯であるため見た目も非常に自然で、メインテナンス次第では10年20年と長期間使用することもできます。

インプラントのメリット5つ

インプラントのメリット5つ

[メリット1]まるで自分の歯のような優れた審美性

人工歯には透明感のあるセラミック製のものを使用します。いくつかのパターンから色の調整もできるため、天然歯と色味を揃えることで自然な見た目に仕上がります。

[メリット2]これまでと同じ咬み心地を再現

天然歯と同様に顎の骨にインプラント(人工歯根)をしっかり結合させるため、これまでと同じ咬み心地を再現することができます。食事も会話も快適です。

[メリット3]残存歯に優しい

インプラントは周囲の天然歯に頼ることなく1本ずつ独立して埋入することができるため、入れ歯やブリッジと異なり、抜けてしまった周囲の歯を傷つけません。

[メリット4]顎の骨が痩せない

インプラントが顎の骨にしっかり結合するので、咬んだときの刺激が伝わるため、顎の骨が痩せることはありません。

[メリット5]長期間にわたって使用できる

インプラントは適切なメインテナンスをすることで、長期間使用することができます。せっかく治療した歯ですから、定期検診を受けてしっかり維持していきましょう。

インプラントはメインテナンスが重要です

インプラントはメインテナンスが重要です

インプラントは人工物であるため、虫歯になることはありません。しかし、歯周病に似た症状の「インプラント周囲炎」が起こる可能性があります。インプラント周囲炎は悪化すると、周囲の骨が溶けてインプラントが抜け落ちてしまうことがあります。

インプラントはメインテナンスをすることが重要です。毎日の適切なブラッシングと、定期的な歯科医院での口腔内チェック、専門的な歯のクリーニングをしっかり実施することで、長期的にインプラント使うことができます。

歯科用CTで正確な診査診断を

外科手術が必要となるインプラント手術では、顎の骨の状態や神経・血管の走行位置、骨密度などを知ることはとても大切。歯科用CTを使用することでインプラント埋入手術前にこれらを精密に診断することが可能となります。事前にインプラントを埋め込む位置を決めることができ、正確な治療が実現できます。また、手術時間の短縮や術後の痛み・腫れの軽減につながり、安全で確実な治療を行なうことができます。

また、患者さまの体への負担を最小限にするというメリットもあります。なお、歯科用CTでの撮影は治療前だけではなく治療後にも行ない、埋め込まれたインプラントの状態や顎の骨の状態を確認します。

医療費控除

インプラント治療は、自費診療となるため費用は高額になります。しかし、医療費が高額になってしまったとき一定額以上の医療費を支払った場合に、所得控除を受けられる医療費控除を活用することで、費用面の負担を軽減することができます。1月1日~12月31日の間に支払った医療費(※)が10万円を超えた場合、所得から実際にかかった医療費の一部を差し引くことができるものです。医療費控除は、確定申告をすることで適用されます。

※本人のほか、家計を同じくする家族が支払った医療費も対象になります。

控除金額の算出方法

医療費控除額(例)=
(一年間に実際に支払った医療費の合計金額-保険金などで補てんされる金額)-10万円
※合計所得金額が200万円以上の場合