セラミック治療・ホワイトニング

  • 042-316-4331
  • 診療時間/10:00~19:30土曜 16時まで 日曜 14時まで 休診日/火・祝
  • 24時間Web診療予約
  • サイトマップ
  • ホーム
  • セラミック治療・ホワイトニング

セラミック治療とは

セラミック治療とは

歯科治療には、大きく分けて2つの側面があることをご存じでしょうか。

まず1つ目は、「機能的治療」です。これは、痛みや歯が抜ける原因となる虫歯・歯周病を治したり、失ってしまった歯や欠けている歯を修復してよく噛めるようにすることを目的とした治療です。

2つ目は「美容的治療」です。これは白く見栄えの良い歯にしたり、歯並びを整えて本来の魅力的な口元を取り戻すための治療です。

当院では、この両方の側面を満たす「セラミック治療治療」に力を入れております。一生涯に渡って、健康的で美しいお口元を目指す方は、一度ご相談下さい。

健やかで美しい歯を手に入れるために
~セラミック治療・ホワイトニング~

健やかで美しい歯を手に入れるために~セラミック治療・ホワイトニング~

「歯を白くしたい」「銀歯が気になる」「歯と歯のすき間が気になる」といった歯の見た目のお悩みは、セラミック治療・ホワイトニングで解決できます。

武蔵小金井駅近くの歯医者「クオーレ歯科クリニック」では、歯の機能性と審美性を追求したセラミック治療・ホワイトニングを提供しています。患者様の個々に合った白く美しい歯にするのはもちろん、しっかり咬めるという機能性も重視しています。お口の見た目にお悩みの方は、まずはお気軽にご相談ください。

銀歯が気になる方へ

銀歯が気になる方へ

保険診療の虫歯治療では、歯を削った箇所を金属素材で補います。これが通称「銀歯」です。しかし、銀歯は白い歯列の中で目立ってしまうだけでなく、銀歯を付けたセメントが溶け出し、すき間ができることで虫歯にもなりやすくなります。長期間使用していると金属イオンが溶け出し、それが体内に取り込まれることで金属アレルギーを引き起こすリスクがあるのです。そのため、当院では金属素材をセラミック素材に変える「セラミック治療」をおすすめしています。

セラミック治療のメリット

※表は左右にスクロールして確認することができます。

白く美しい自然な見た目 セラミックは色調や透明感などを調整できるため、天然歯に似た自然な仕上がりになります。
金属アレルギーに心配なし セラミック素材は生体親和性が高く、アレルギーの心配がありません。
歯ぐきが黒ずまない 金属イオンが溶け出し、それが歯ぐきに付着すると黒ずんでしまいます。セラミック素材に変えることで、歯ぐきが黒ずむことがありません。セメントとの相性も良いため、すき間ができにくく、すき間から虫歯になりにくいです。

セラミック治療5つの特徴

1セラミック治療だけでなく矯正治療を行うことも可能です

セラミック治療だけでなく矯正治療を行うことも可能です

セラミックによるセラミック治療か、矯正治療か。どちらにしようか迷っている方は、ぜひ一度ご相談ください。当院は矯正歯科にも力を入れているので、もし矯正の方が良いと判断した場合は矯正治療も可能です。

2痛みに配慮した治療を心がけております

痛みに配慮した治療を心がけております

患者さまが安心して治療を受けられるよう、麻酔だけでなく治療の方法全てにおいて「痛みに最大限配慮した治療」を心がけております。医師が患者様の気持ちに寄り添って、最後まで一緒に考えます。

3金属アレルギーの方も、安心して治療ができます

金属アレルギーの方も、安心して治療ができます

完全な金属無し(メタルフリー)の治療が可能です。メタルフリーの治療により、金属アレルギーの方でも安心して施術を受けることができます。

4安心の保証期間があります

安心の保証期間があります

セラミック治療が終わってからも、詰め物、かぶせ物の破損に関しては、一定の条件の下で「安心の保証期間」を設けさせて頂いております。

5インフォームド・コンセント(説明と同意)を徹底します

インフォームド・コンセント(説明と同意)を徹底します

治療に入る際には、メリットやデメリットもきちんとご説明した上で、納得した治療が出来るようにサポートいたします。患者様に納得いただけるよう、最後まで分かりやすく丁寧なご説明に努めさせていただきます。

当院のセラミック治療メニュー

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウン

人工ダイヤモンドの素材でもあります。透明感のある自然で美しい仕上がりを実現できます。ジルコニアは強度が高いため、咬み合う力が強い奥歯にも適しています。

オールセラミック

e-max(オールセラミック)

ほど良い硬さのため、咬んだときの違和感が少なく、咬み合わせる歯への負担が少ないです。ジルコニアと比べると繊細な色調にやや劣ります。

メタルボンド

メタルボンド

内側が金属で外側をセラミックで覆った素材です。強度が高く咬み合う力が強い奥歯に向いています。透明感はオールセラミックに劣りますが、白く美しい仕上がりになります。ただし、金属アレルギーということと年月が経つことで徐々に歯ぐきが黒ずんだり歯と歯ぐきの境が目立ってしまうこともあります。

ゴールド

ゴールド

金属素材ですが、アレルギーの発生がとても少ないのが特徴です。また、素材と歯との間に隙間ができにくいので、隙間から虫歯菌が侵入することで起こる虫歯の再発を軽減させることができます。

ファイバーコア

ファイバーコア

被せ物の下の土台(コア)は一般的には金属製ですが、強度が高いため歯根を傷めてしまう可能性があります。また、金属が透けて見えてしまい見た目も劣ります。グラスファイバーを素材にしたファイバーコアは、しなやかな柔軟性があるので歯根を傷めにくく、光の透過性があるので被せ物の透明感を損ないません。

ホワイトニング

ホワイトニングとは、薬剤を使って歯を白くする処置のことです。セラミック治療に比べて比較的手軽に白い歯を手に入れることができます。色の濃い食べ物や飲み物、加齢やたばこのヤニなどが原因で黄ばんでしまった歯を白くすることもできます。当院では、ホームホワイトニング施術を取り扱っています。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ご自宅にてご自分で行っていただけるホワイトニングです。歯科医院で作製した専用のマウストレーにホワイトニング剤を注入し、一定時間歯に装着します。効果を実感できるまでに2週間ほどかかりますが、色が長持ちします。

ホワイトニングの注意点
  • 効果には個人差があります。
  • 虫歯や歯周病がある方はそちらの治療を優先して行います。
  • テトラサイクリン系の抗生物質による歯の変色には効果が薄い場合があります。
  • 人工歯(被せ物・詰め物など)は白くできません。
  • ホワイトニング中は色の濃い飲食物の摂取や喫煙は控えてください。
  • マウストレーや薬剤の取り扱いを指示通り行ってください。

治療の流れ

STEP1検査
STEP1 検査ご相談が終わりましたら、次に検査を行います。お口の写真やレントゲンなどを撮影して、現在のお口の状況がどのようになっているのかを確認いたします。
STEP2治療開始
STEP2 治療開始納得のいく治療方針が決まりましたら、治療を開始していきます。治療にかかる期間は、治療をする場所や方法によって変わる場合があります。早ければ、数回で終わるものもございます。治療中に痛みや違和感などが現れた場合には、すぐにご対応いたします。
STEP3調整・確認
STEP3 調整・確認治療終了後に、実際に行った治療が正しく機能しているのか最終調整を行って治療完了となります。

歯のセラミック治療の保険適応

歯のセラミック治療の保険適応

2014年に、セラミック治療にも使えるような小臼歯への白い被せ物(CAD/CAMクラウン)が保険適応になりました。健康保険を使って、自己負担も安くすみながらにして、白く美しい歯を手に入れることが出来るようになったのです。

ただ、一般の人は、施術が丁寧で治療も早く終わるのが「腕のいい歯科医師」だと考える方が多いと思いますが、実際はそういったことばかりではありません。治療の精度をよりあげるためには、その分多くの治療時間が必要になります。

健康保険では、多くの患者さんを同時に診療しなければならないことが多く、その限られた時間の中で白い歯を入れなくてはいけないのです。白い歯の調整は、金属よりも丁寧に行わないといけないのですが、同じ時間で施術をするのはとても大変です。健康保険制度では厳格なルールが決まっており、そのルールに縛られた治療では、歯科医師も本気の力が発揮しにくいのです。

その分、自由診療では1人1人の患者様にしっかりと時間をとって治療に専念することが出来るため、より精度の高いセラミック治療を行うことができるといった側面があります。

セラミック治療の進歩について

セラミック治療の進歩について

まずはじめに、審美性の進化の1つとして材料(素材)がよりよいものになったことがあげられます素材・加工技術の進歩によって、メタルフリーの治療で安心して約20年にもわたる長期の治療が可能になりました。

従来のセラミック治療には、歯を大きく削って一度に全部の歯を差し歯に変えてしまったり、歯肉を移植するといった負担が大きく、元に戻すことが出来ないという問題がありました。歯が出来るだけ美しくしたいけれど、負担が大きい治療をするとなると気が引けてしまう、という方もたくさんいらっしゃると思います。

そんな方でも、安心して歯の治療を受けられて、あなたの歯のお悩みを解決することが出来るかもしれない治療方法がございます。それが、最新素材を直接お口の中で盛りつけていき、自然の歯と同じような色や形を再現する「ダイレクトボンディング」と呼ばれる治療法や、専用の薬品を使用することで歯を削らずに審美性を保つことが出来る「パーマネントマニキュア」などです。これらの治療はお口への負担も軽く、元に戻せるという特徴があるため、従来のセラミック治療とは全く違ったイメージの治療となっており、患者様の治療へのハードルを大きく下げた技術の進化といわれています。

もちろん、銀歯や銀の詰め物を白いセラミックへ交換したり、従来型の金属が一部入ったセラミックスをオールセラミックスへ交換したりすることも可能です。クオーレ歯科クリニックでは、親しみのある分かりやすいカウンセリング、熟練した技術、最新の素材であなたのセラミック治療に貢献いたします。

歯の審美用最新素材:ジルコニアについて

歯の審美用最新素材:ジルコニアについて

ジルコニアとは、人工ダイヤモンドといわれるほどに硬い審美的な素材のことです。こうした特性をもつことから「歯のセラミック治療にマッチしている」としてよく用いられている素材の1つです。とても硬い素材であるため、欠けたり、毎日の歯磨きによる摩耗が他の素材よりも少ないといわれています。

従来のセラミックス素材だと、歯ぎしりによって強い力がかかることで割れることが多々あり、マウスピースによって奥歯にかかる力を和らげるため、歯ぎしり対策の治療を追加することもありました。

しかし、新素材のジルコニアでは、セラミックスの約10倍の硬さや強度があると言われており、白く透明性も兼ね備えているためセラミック治療にぴったりの素材なのです。

歯のセラミック治療でのe-maxの適応について

歯のセラミック治療でのe-max の適応について

最新素材のセラミックスである「e-max」は、従来のセラミックスの4倍ほどの硬さがあります。ジルコニアと比べると硬度ではやや劣りますが、より透明性に優れていて艶があるた め、セラミック治療を行う際には、選択肢の1つとしてあげられる素材になります。

e-maxの場合は、ジルコニアを使用する際に用いるコンピューターによる補綴物の作成技術(CAD/CAM)だけでなく、患者様の歯形を直接取った型から作成することが出来る(プレ スセラミックス)ため、ジルコニア以上にお口にあった補綴物を作成することが出来ます。詰め物を作成する際には、コンピューターによる設計がジルコニアではまだあまり進んでいないため、e-maxによるプレスセラミックスが選択されることが多いです。

セラミック、e-max、ジルコニアの審美性の順位

セラミック、e-max、ジルコニアの審美性の順位

「審美性・・・セラミックス>e-max>ジルコニア」
「硬さ・・・ジルコニア>e-max>セラミックス」

患者様の全員に同じ素材がオススメというわけではなく、歯の健康状態やこれまでの治療歴、歯ぎしりの有無などによっても最適な素材が変わってきます。

ただ、e-maxはブリッジ治療のような大きな設計が必要な場合はあまり使用することが出来ず、ブリッジ治療においては、ジルコニアを使用することが一般的です。

医療の最前線といわれるアメリカでは、このジルコニアによるセラミック治療が進んでいます。セラミック治療での治療は長期での効果が期待できますが、20年おきに再度治療をすることが一般 的といわれています。ジルコニアでも一生は持たないといわれており、定期的なメンテナンスも大切になります。

歯の審美のデメリットについて

歯の審美のデメリットについて

歯科・セラミック治療にもデメリットは少なからず存在します。
歯の矯正では歯並びを変えることがあるので、歯が動くことによって歯や骨がすこし弱くなったり、顎関節症になったりする可能性もゼロではありません。
またセラミック治療に限らず、歯科の治療でも人工的な補綴物の寿命は約20年と言われているため、一度治療したあとでも、もう一度治療をするかどうかを考えることがあります。

歯科・セラミック治療と一言でいっても、以下のような様々な方法があります。

①セラミッククラウン法・・・歯並びや削った歯を治すときに使用する最も一般的な治療法です。透明感のある白さが特徴のセラミックを歯にかぶせることで、自然で美しい口元を作ることができます。

②ラミネートベニア法・・・歯の表面を非常に薄く削り、セラミックスを貼り付けることで白くて美しい見栄えのある歯に改善する治療法です。

③ホワイトニング・・・歯を削ったり溶かしたりせず専用の医薬品を使用して歯に沈着した色素を分解することで、本来の明るく白い歯を取り戻すための治療法です。

虫歯治療による詰め物などでは、既に削られている部分を修復するのみですので心が大きく痛むことはありません。しかし、健康な歯へのラミネートベニアやセラミッククラウンで は、私たちでも心が痛むことがあります。本来削る必要がない、健康な歯質を削ることになってしまうことがあるからです。

私たち歯科医師は、患者様のお口元の健康と美しさを預かるプロとして、今行っている治療がその人にとって本当に1番なのかどうかを常に天秤にかけて考えながら、治療に当たらせていただいています。

セラミック治療の中でも、ホワイトニングに関しては大きなデメリットはありません。歯を大きく削ったりといった負担の大きい治療をしていないからですね。歯は削ったり神経をとったり せず、自然で健康的な歯でいられるのならそれがもちろん1番です。

しかし、自然な歯で白く美しい歯を一生涯保つことができる人はほとんどいません。

人生は1度きりしかありません。自分の歯やお口元について悩みやコンプレックスを抱えながら毎日を過ごすのは、とてももったいないことではないでしょうか。 私たちは、負担を最小限に抑えながら、歯科・セラミック治療をすることで「患者様を笑顔にして、毎日を楽しく過ごしていただく」のが歯科医師としての務めだと考えています。

ここまでお伝えしたきたように、歯科・セラミック治療においても、たしかに注意すべきことはあります。ただし、繰り返すようですが、あなたの人生は一生に一度しかありません。 人生を美しく生きることが出来るチャンスが、どんな人にも平等に与えられています。綺麗な歯並びや美しく白い歯を手に入れれば、今までよりも自分に自信を持てるようになる のは間違いありません。そして、見た目や笑顔の印象も大きく変わります。笑顔がより魅力的に変われば、人生すらも変えてしまうことが出来るかもしれません。

クオーレ歯科クリニックが、あなたの人生をかえるきっかけになれると考えています。